新卒2年目広告運用女子、求人検索エンジン「Indeed」オンラインセミナーを受ける

本日は、私のホットヨガ友達で新卒2年目のSさんが、我が社が注力している求人検索エンジン「Indeed」の担当チームに入り、メキメキと成長しているという噂をきいたのでお話を聞いてみることにしました٩( ‘ω’ )و

― まずは、最近の仕事内容を教えてください。
私はアドテク事業部という部門に所属していて、お客さまの集客支援のために、インターネット広告メニューの提案や広告運用をしています。
最近は、当社が正規代理店としてやらせていただいている「Indeed」という求人媒体の広告運用を中心に行っています。

― 1年間で身についた知識やスキル、成長したと思うところは?
Web広告の知識はもちろんですが、日々の業務の中で身についたのは「課題解決力」ではないかな、と思います。
学生時代は、1つの問題について深く考え解決しなければならないシチュエーションというのが少なかったのですが、社会人になると日々それの繰り返しで、目的やゴールを意識して物事を考えるようになりました。
また、チームの先輩から少しずつ教えてもらいながらですが、求人情報に特化した「Indeed」に触れていくことで、専門知識も増えていってる気がして嬉しいです。

 

さらに知識を増やすために「Indeed」のオンラインセミナーを受講したSさん。
ここで知識を披露していただきましょう( `ー´)ノ

「Indeed」の特徴と仕組み

「Indeed」とは求人に特化した検索エンジンで、求人に特化した「Google」のようなものです。
インターネット上に存在する求人データを自動で集めてきて「Indeed」での検索結果に反映させています。

職種や勤務地を検索するボックスがあり、ユーザーが入力すると合致する求人情報を表示してくれます。

オーガニック(無料枠)は「Indeed」側のアルゴリズムのみで検索結果が決まりますが、スポンサー求人枠(有料枠)はある程度クライアント側で順位調整ができます。

オーガニック(無料枠):
 検索結果に単純に表示されるようになります。

スポンサー求人枠(有料枠):
 積極的に検索結果に表示されるため、短期的に多くの人を集めたいときにお勧めの枠。
 クリック課金制で、スポンサー枠ではクリック単価を調整できるのでその時々によって案件の露出を計ることができます。

5分で完了!! 「Indeed」で求人を掲載する方法

「Indeed」 に求人広告を掲載する方法は以下の2つがあります。

1.「Indeed」に求人広告を直接掲載

自社に求人ページが無い場合でも、「Indeed」上に直接入稿することで掲載可能です。
勤務地や募集職種を記載するだけで簡単に掲載できます。

 

2.自社サイトの採用ページの求人を 「Indeed」 に掲載

自社サイトの採用ページをクローリングさせることで掲載可能です。
採用ページを持っている際は、1のように手動で入稿せず簡単に掲載できます。

「Indeed」効果的な5つの活用術

効果的な求人広告の活用術については、下記5つを紹介します。
1)注目させる
インパクトがあり興味を引く具体的な業務内容をかく
2)ターゲットを絞る
ユーザーが検索するワードを盛り込むこと
3)社風をアピールする
どんな会社なのか、社風をオープンに伝えること
4)事実を記載
業界用語はさけ、業務内容や職務にあった内容を記載すること
5)他社も見る
いくつか他社の求人要項も見て参考にする

「Indeed」は1つのサイトで横断して検索することができるので、求職者にとっては手間なく探せることが大きなメリットです。
また、掲載する側としても求人に特化した検索エンジンなので、角度が高いユーザーが多いというのが最大です。

私は、クローリングで求人情報を入稿したことしかないのですが、今回のセミナーでは「Indeed」上に直接入稿する方法やコツを知ることができたので、次の入稿時は、ぜひ私も挑戦してみたいです。

また、私の「Indeed」師匠であるH先輩から日々感じる「Indeed」愛はもちろん、オンラインセミナーでの”気づき”により、私自身このサービスがとても好きになりました!
グッズもこんなに集めています(^^)/
企業の採用の手助けになれるよう、日々の細やかな運用に努めていきたいです!

「Indeed広告」で求職ユーザーからの応募を最大化したい方!
是非、こちらへお問い合わせください♪
promo@gmotech.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月28日 | Posted in サービス, All | タグ: No Comments » 

関連記事