国立高等芸能音楽学校でゲスト講師として登壇!SNSの授業を行いました

先週末、アフィリエイト事業部の真柄が国立高等芸能音楽学校で講師を務めました。
国立高等芸能音楽校は、”音楽レーベル”、”タレント・プロダクション”2つの機能を有していて、声優、役者(女優・俳優)、歌手、モデル、タレント、ファッションなど、総合的かつ専門的に学ぶことができる新しい形の学校です。
▽「国立高等芸能音楽校」公式サイト
http://geion.co.jp/

先日リリース発表したとおり、当社では、リグラフィティ社が運営するインフルエンサー支援サロン「mekuru」とアフィリエイトサービス「GMO SmaAFFi」の連携により、インフルエンサー(志望者含む)を活用したSNSでの商品・サービスのプロモーションを展開しています。
また、ショップスタッフとして働きながら、InstagramやTwitterなどでお店の洋服等をPR(ECサイトへ送客)することで、基本給以外の「マルチインカム」が入る副業支援の取り組みも行っています。

もともとリグラフィティ社が国立高等芸能音楽校の履修科目として行っていたSNSの授業「インフルエンサー育成コース」。
今回は、両社の取り組みの一環として、当社の真柄がゲスト講師としてお招きいただきました。
授業では、インターネット広告、アフィリエイト、またSNSでのプロモーション手法と気を付けておきたいことなど実例を交えてお話しました。
芸能活動を希望される方が集まっているため、InstagramやTwitterの利用率は100%。
特に、SNSの投稿方法やユーチューバーの話では、ウンウンと首を縦に振りながら聞いてくださる方がいました。

一方で、インターネット広告やアフィリエイト収入の話は少し難しかったかな・・・?など、帰り道で真柄と振り返りをしながら、インフルエンサーマーケティングはまだまだ成長の可能性を感じる分野だなと思いました。

先日リリースしたアパレルショップを運営されるエムズ様との協業もそうですが、こういった若いインフルエンサーが増えることで「GMOSmaAFFi」はますます拡張していくと思います!
「GMOSmaAFFi」に関する詳細はコチラからご覧ください。
https://smaad.net/smaaffi/

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月28日 | Posted in サービス, アフィリエイト | タグ: , No Comments » 

関連記事